読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle fire HD 2013をADBが認識しない時の対処法

先日KindleFireHDを1万で購入。発売当初は2倍近くしていた気がするのですがずいぶん安くなりました。

御存知の通り、KindleFireシリーズはAndroidをベースとしたオリジナルOSを採用しています。CPU1.5Ghz,RAM1GBとそこそこ悪くない性能を持っているのですが、いかんせんgoogleのサービスは全て使えないため不便です。

googleのサービスを使えるようにするにはgoogleの認証系統を司る”GoogleServicesFramework.apk”とか”GoogleLoginService.apk”とか入れればいいはず(ものによっては /systemの下に入れる)です。

僕は/system下をいじるためにrootを取ろうとしたのですが、KindleをADBで使えるように認識させるところまでは出来ましたが結局ツールでroot化するまでは至りませんでした。度々のアップデートで潰されてしまったのでしょうか?

しかし認識させるところでなかなか手間取ったのでやり方を書いておきます。今回使った環境はwin8.1 64bitです。

方針

KindleはただPCに繋げただけではストレージと認識される。→ならドライバを入れよう。

用意するもの

・KindleFireHD

windowsの入っているPC(adbが使える状態にしてください。”Android adb”とか”AndroidSDK”とかで調べてみればわかると思います。)

手順

まず、Kindleドライバを入手してください。方法は他の方々が詳しい解説を用意してくださっているので割愛します。

kindle ドライバ - Google 検索 : https://www.google.co.jp/search?sourceid=chrome-psyapi2&ion=1&espv=&ie=UTF-8&q=kindle%20%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90

 Kindle Fire HD レビュー 40 | Windows 8 に USBドライバーをインストールする | タブクル : http://tabkul.com/?p=15849

 Kindle Fire HD USBデバッグ時のドライバインストール方法。 - Android(アンドロイド)おすすめアプリ・カスタムニュース|AndroidLover.Net : http://androidlover.net/tablet/amazon-kindle-fire-hd/usb-debug-driver-install.html

 え?これでドライバ入るんじゃね?と思いきや入りません。

最後に一手順必要です。(写真のPCは英語環境になっていますが、日本語環境と変わりありません)

1,左下のwinボタンを右クリック→デバイスマネージャ

 

2,”ポータブルデバイス”内の”Kindle”を右クリック→プロパティ


Gyazo - 9a620cb7dd35795337ff80acf4fa9d36.png

 

3,”ドライバー”の”ドライバのアップデート”を選択


Gyazo - 26be2b65ec6255358c700e877faa6281.png

 

4,"Browse my computer for driver software"を選択(日本語環境ではなんと表示されているのでしょうか)


Gyazo - a12c9a4371cf1ebbc49661230b2275dd.png

 

 

5,入手したKindleのドライバを選択

 僕はSDKマネージャを使ってダウンロードしたので”\sdk\extras\amazon\kindle_fire_usb_driver”内にありました。


Gyazo - 57857204fcfa77c058f64ec3b1cf391d.png

 

6,下の”next”ではなく”let me pick from~”を選択


Gyazo - 20c36ceed2fe37e6d7ff4b9f289525f5.png

 

7,”MTP USB Device”を選択→next


Gyazo - 20c36ceed2fe37e6d7ff4b9f289525f5.png

 

8,デバイスマネージャで”kindle fire”→”Android Composite ADB Interface”が表示されれば成功です。


Gyazo - 4719b046e0ae015e0cea7fcebc385344.png

 

これでおしまいです。スクリーンショットはクリックしていただければ大きく見ることができます。